まだ日本人の渡航が珍しかった60年代に日本を飛び出し、日本人女性として初めて、究極のパイロットライセンス、ATRを取得したカナダ在住のチヨコの物語。各ページの下部のリンクがなくなったら次章へどうぞ。


by eridonna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

チャーリーの天気予報

 1988年の3月。飛行機の保険料はさらに値上げされ、生徒の数はそれに反比例するように減っていった。

 そこでついに、「公共責任保険」という最低限の保険だけを契約することになってしまった。飛行機の破損は対象にならないので、生徒たちにはあらかじめ言い渡しておいた。
「もし誰かが飛行機を壊したら、そのときに閉校になりますからね」
そのせいか、みんなよく忠告を守って、注意深くなっていたようだ。
 c0174226_22355039.jpg
 ところがまたもや私には次の試練が待ち構えていた。
ドクターGに私は子宮ガンだと診断され、4月17日、メディスンハットの病院で手術を受ける。
 手術後、最初に目覚めると、まず生徒の一人の心配そうな顔が目に入った。わざわざ1時間15分の道のりをドライブして来て、付き添っていてくれたらしい。
 メディスンハットのフライトサービスステーション(FSS)からは花が届けられた。10年前にカルガリー国際空港で教えた生徒の一人も見舞いに来てくれた。
 人のやさしさがうれしく、心温まる入院の日々であった。

 手術後の経過はとても順調で、6日目の朝、FSSのスタッフが、彼の飛行機でブルックスまで私を運んでくれた。
 長い距離をバスに揺られなくて済んだのでありがたかった。
 ブルックス空港に降りてハンガーをのぞくと、空っぽで誰もいない。
「みんな、どこへいったのですか」と聞くと、メディスンハットの病院へ、私の見舞いに行ったというではないか。
 まさか6日で退院するなんて、誰も思わなかったそうだ。
 
1989年になった。
生徒は4、5人はいるのだが、それぞれ生活に追われていて学校に来る時間がなかなか見つからないらしい。
 前の年と比べても、1カ月の飛行時間はかなり減ってきていた。

▼ブルックスの町 1500フィートから
c0174226_2134052.jpg

 あれは5月9日の夕方だったと思う。私はちょうど4、5人の生徒を相手に、教室で教えていた。ナビゲーションのクラスだったので、みんなして地図を広げて計算しているところだった。
 そこへ外からチャーリーが帰ってきた。
 とても興奮した様子で、生徒たちの顔を見ながら「ミャーオウ」と大きな声で2回、叫んだのである。
 計算機を使って作業をしていた生徒たちは、そんなチャーリーの顔をのぞき込むと、
「わかった、わかった、突然嵐が来るんだね」
 みんないっせいに地図をたたみ、本をしまうと、
「では、来週また続けます。嵐の前に農場を見まわらなくてはならないので」
と言って、みんな帰ってしまった。

 その夜のことである。
 風速50マイルものすごい風がブルックス一帯を吹き荒れた。
 私はランプにパークしてあるCF―WUPを守るために必死だった。縄を3本張って機を地上に固定したり、飛行機の前にトラックを停めて、少しでも風の勢いを遮断しようと試みた。
 その晩はとうとうターミナルで一夜を明かした。

 次の朝、電気は切れ、たくさんの木の枝や、屋根の一部までがランプに落ちていて、嵐の強さを物語っていた。
 吹流しは、根元からちぎれてどこかに飛んでいってしまった。
 飛行機は風に向けてパークして置いたので、何とか無事だったが、風の力だけで飛びあがってしまったらしくて、前の車輪が何度も浮き上がったあとが地面に残っていた。
 自然の力の偉大さ、強さにあらためて目を見張る。

 その日、ブルックスからダッチェス村まで帰る途中、道路の脇にある電柱はほとんどが倒れていた。電柱を立て直し、電気が復旧するまでに10日以上もかかった。
 あのときチャーリーは動物の本能で、自然の急変を予測したようだった。
 チャーリーを見ていると、気象庁よりも確実な天気予報になることがあった。急に気圧が下がりだすと、彼は絶対、外には出ないのである。

 ▼夕暮れの空港
c0174226_21361512.jpg


 吹流しを1本、新しく注文しなければならない。ブルックスの町役場に頼みに行った。
 そのときにわかったことだが、このあたり一帯は強風で有名な場所なのだから、普通の25ノットの風用では1年ももたないというのである。そこでひとまわり大きな40ノット用のものを購入した。
 
 新しい吹流しがくるまでの2、3日のあいだ、飛ぶのを嫌がる生徒が何人かいた。私は
「知らなければ、別に恐れることもないじゃないの」とからかった。
 もしかぶっている帽子が飛ばないようなら、15ノットの風。このくらいは覚えておけばいい。

 また飛行中に風の方向を知るのは簡単だ。アルバータ、サスカチュワン、マニトバの3州では農道がそのまま地図の東西南北を指している。
 農道に沿って2、3分飛んでみれば、どの方向から風が吹いているのか、すぐにわかるものだ。
[PR]
by eridonna | 2009-11-10 20:52 | 第11章 終章