まだ日本人の渡航が珍しかった60年代に日本を飛び出し、日本人女性として初めて、究極のパイロットライセンス、ATRを取得したカナダ在住のチヨコの物語。各ページの下部のリンクがなくなったら次章へどうぞ。


by eridonna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

DC8の大事故

 念願のコマーシャルパイロットのライセンスを手に入れた私だったが、なかなか仕事は見つからなかった。
 それではとその次のレベルアップを目ざし、「計器飛行証明」を取ろうという決心をして、岡本さんのアドバイスに従い、トロント国際空港の北側にあるカナディアン フライヤーズという学校に入った。
 まずは足の速いムーニイという飛行機で訓練をはじめる。この機は時速150マイル、エンジンは単発だが200馬力で4人乗りであった。

  ある夏の朝、これから飛び立つ前に、ランプ(操作場)にパークしてある飛行機の点検をしていると、滑走路32の南端上に、大型のDC8がちょうどアプローチするところだった。
ああそうだ、トロント~ロサンジェルス間直行便だ、と目の端でチラッと見て、私は油で汚れた手を洗うためにハンガー(格納庫)の中の洗面所に入った。

 ほんの10秒ほどたったころだろうか、このハンガーの頭上を大型機が通過した。窓から見上げると、着陸装置の足が出たままだった。
あらっ、今のはさっきのロサンジェルス行きの便かしら、と思った途端に、「ガガーン!」というものすごい爆発音。

「あれは今のDC8なのっ!?」
 事務所にいたマネージャーのウイルソン氏に聞くと、彼は険しい顔で、「こんな晴れた天気のいい日に事故を起こすなんて」と言いながら、あわてて外に飛び出していく。

 居合わせたものはみんな、外に出てあたりを探した。事故が起きたのは飛行場の敷地外らしく、付近には何も見当たらない。
 そうこうしているうちに、私の出発の時間がやってきた。
 誰か一緒に乗る人を探していると、ちょうどそこへ、「エア・カナダ」でセコンドオフィサーをしているバリー君がやってきた。一緒に事故の偵察に行こうと言って乗り込んできたので、私はエンジンを始動した。

 ラジオで管制塔とコンタクトを取ると、コントローラーはまだ興奮していて、
「ランウエイ23R(Rは右側の意味)へタクシー許可、90度の横風、30ノットだが離陸できるか、たった今事故があったのでランウエイ32は使用不可能」と言ってきた。
 「やってみます」と私は言って、タクシーを終え、離陸前の点検、離陸の許可と共に空へ飛び上がった。
 コントローラーから「低空飛行でランウエイ32の表面を調べて欲しい」と言ってきたので、すぐ機を左旋回させる。

 事故のあったランウエイの上空に来ると、端から端まで低空飛行を続けた。
 バリー君がマイクロフォンを握り、南端1000フィートほどのところにエンジンらしい物が転がっていること、あたり一面にガソリンと油が広がっていることを報告した。
 その後、私は近くのアイランド空港に向かった。ここでコマーシャルライセンスを取ったので、勝手を知っているため、20分ほど、風向きが変わるのを待つことにしたのだった。

 しかし風は相変わらず同じ方向から強くなるばかりだった。意を決して、トロント国際空港へ戻る。
 トロント国際空港は一時閉鎖されているため、誰も来ないという状況であった。コントローラーは、「ランウエイ32の北の半分を使って着陸せよ」と指示を出してきた。
 ハンガーに戻って気がつくと、飛行場北口にはポリスと救急車がいっぱい、道路は閉鎖状態になっていた。

 フライト621は、その日の朝、モントリオール発のトロント経由ロサンジェルス行きだった。機体はDC8ヘビー。普通のDC8よりも少し長いものだ。
 トロント市の南にあるハンバー湾上で高度を落として、そこからランウエイ32に直線コースで進入してきた。私がちょうどムーニイを点検中だった、あのときだ。
 事故の原因は、誤って空中でスポイラーを使用したため、2000フィートの高さから機体を落とし、ランウエイ(滑走路)上で跳ね上がってしまい、北側のハンガーの上を飛んでいるうちに、2マイル先で空中爆発を起こしたのだった。
 乗客乗員合わせて370人が乗っていて、事故の犠牲になった。

 あまりの事故の大きさに、そこに居合わせたものは全員真っ青な顔をして、しばらくは誰も飛行機に乗りたがらない。
 訓練飛行を続ける元気がなくなってしまった。
 この学校からはエア・カナダに就職した人がたくさんいるので、みんな熱心に運輸省が出す事故報告書を読んでいた。

(スポイラーとは、地上で飛行機の速度を落とすために使うもの。この事故のあとで、ダグラス社は空中ではスポイラーを出すことを不可能にする安全装置をつけ、オペレーターのエア・カナダは、オペレーション・マニュアルを変更した)
[PR]
by eridonna | 2009-12-15 16:12 | 第5章 トロント国際空港