まだ日本人の渡航が珍しかった60年代に日本を飛び出し、日本人女性として初めて、究極のパイロットライセンス、ATRを取得したカナダ在住のチヨコの物語。各ページの下部のリンクがなくなったら次章へどうぞ。


by eridonna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ホワイトロックの海岸で

 バンクーバーに出てきてたった3カ月あまり。私は仕事を失ってしまった。

 夕方、ホワイトロックの砂浜に座って、ボンヤリ考えていた。
 涙があとからあとからこぼれて、止まらなかった。どうしてこんなことになったのだろう。どん詰まり、どうしようもない。どこにもいけない。誰も助けてはくれない。

 目の前に広い太平洋の海があった。
 私はこんなに一生懸命、正直に働いてきたのに、またもやゼロに戻ってしまった。

 数学だって、1プラス1は2になるではないか。2倍働けば2倍になるはずなのに。どうしてうまくいかないのだろう…。
 これはいったいどういうわけだっていうの? 怒りとも悲しみとも悔しさともいえない何かで、胸がいっぱいだった。

 ふと空を見上げているうちに
「誰か上で見ている方がいますか?」と思わず声が出てしまった。

「私は人を殺したことはない。人の物を盗んだこともない。うそをついたことは……、あっ、これは少々あるから、まったく罪がないとはいえないんだ……」

 しばらくの間、自分で自分に問いかけていた。すると、またどこからか、いつかのあの小さな声が聞こえた。

「あなたはお金が欲しいのか?」

「ああ、そうです。不渡りの小切手3000ドルがあれば助かります、でも……。3カ月たったらまたお金が必要になる。それだったらお金をもらってもしょうがない」
と心の中でつぶやいた。すると今度は、

「では、夫が欲しいのか?」

「そうです、そうです、日本を出るときから、ずっと念願だったのは理想の夫にめぐり合うことだったんです。青い鳥を探して、ついにバンクーバーまで来てしまったのですから。でも……」
 ちょっと考えてみた、
「私ももう45歳を過ぎて、今から夫を見つけてもうまくいくかしら。若さも富も何も持たない私では……」

しばらくするとまた次の声がした。
「ではあなたの体が健康であれば?」

「ああ、そうです、それなんです。それがいちばん欲しいものです。ギックリ腰になってしまって、こんなに背骨の軟骨がすり減ってしまって、痛くてたまらない。ともかく健康でありさえすればいい。そうです、それが望みなんです」

 私はこのころ、疲れとギックリ腰の痛みで、毎日杖にすがって歩いていたのだ。今や、欲しいものが心の中ではっきりした、と思った。

 もうあたりは暗くなってきたので、立ち上がって杖をつきながらアパートに向かって歩き出した。さっきの声が繰り返し、同じことを質問してきた。
 まるで私の決心をもう一度確かめるかのようだった。

「お金じゃない、夫じゃない、望んでいるのはギックリ腰が治ること」
「お金じゃない、夫じゃない、体さえよくなればいい」

 私は自分に言い聞かせるように何度も答えながら、アパートの階段の下までたどり着いた。
 3階まで足で登らなければならない。手すりにつかまって登りだすと、どこかで電話の音が鳴り出した。

 どこかしら。どうやら私の部屋らしい。こんなに遅く、誰だろう? 10回以上も鳴っている。東京の母かもしれない。
 ドアを開けて、電話機を取りあげ、「ハロー」と言うと、英語で
「ハロー、あなたはミスムラカミですか?」と女性の声がした。

「はい、そうです」
「こちらはカルガリーのJと申します」
と言ったので、私はびっくりした。
 彼女は西部では有名なパイロットだったからだ。

「存じております。あなたのお名前は有名ですから」
「私の学校で教官が一人足りないので、働きに来てくれませんか」

 なんと、夢でも見ているのではないだろうか。あまりにも突然の話である。
 面食らってしまって、よく考える余裕などなかったが、断る理由などどこにもあるはずもなかった。彼女の気が変わらないうちにすぐその場で返事をする。

「ぜひお願いします。10月にはそちらに移動できます」

 今日は、なんという日なのだろう。
 ついさっき、私は絶望してスターロン社に辞表を出したところだ。そして、同じ日の夜に、カルガリーの学校に就職が決まるとは……。
 なんという幸運なんだろうか。さっきまでは、まるで袋小路に追い詰められたような私だったのに、不意に思いがけない次のドアが開いて、新たな別の道が続いているというのである。
 太平洋を眺めながら、あんな奇妙な自問自答の時間を過ごしたあとで……。

 不思議だった。ただの偶然の出来事なのだろうか。
 あまりによく出来すぎているような気がした。
 まるで何か見えない力が働いて、私の運命を運んでいっているようでもあった。でも、いくら考えたって、わかるような問題ではなかった。

 ただひとつ、わかっているのは、「今はもうこれで大丈夫」、ということだった。

 10月に入って、また車に積めるだけの荷物を積み込んで、残ったものは倉庫を借りて保管してもらい、あとで取りに来ることにした。

 まるで、カタツムリみたいで、自分でもおかしかった。
 今度は東に向かって走り、ロッキー山脈を越えて、アルバータ州に行くのだった。
[PR]
by eridonna | 2009-11-30 18:49 | 第8章 カルガリーへ