まだ日本人の渡航が珍しかった60年代に日本を飛び出し、日本人女性として初めて、究極のパイロットライセンス、ATRを取得したカナダ在住のチヨコの物語。各ページの下部のリンクがなくなったら次章へどうぞ。


by eridonna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブルックス飛行学校 1978

 ブルックス空港はアスファルトの主滑走路と、砂利をまいただけの急ごしらえの滑走路が2本、管制塔のない空港であった。
 ブルックスの町そのものからは5マイル北にあって、360度周囲をぐるりと見回すと、100マイル四方、何も地上から突き出ているものがなかった。
 大草原の真ん中にぽつんと存在する空港なのだった。

 この大草原はロッキー山脈のふもとからサスカチュワン州、マニトバ州まで続いている。このスケールの広大さは、いまだかつて見たことがないものだった。
 そのだだっ広い草原の中を、1本のトランスカナダハイウエイNO1が走っていて、ブルックスの町を通過している。
▼5月末に見られる広大なナタネ畑
c0174226_1242138.jpg


 つまりブルックスは大草原の中のオアシスとも言うべき町だった。
 町の南にある小川をいくつもせき止めて、乾燥した大地に人工の池ができていた。レイク・ニューエルという名前のその池は、10マイル四方の農民に水を売るための用水池であり、町の人々の憩いの場所でもあった。
 この池のおかげで、1978年現在、ブルックスにはおよそ9000人の人々が暮らしていた。池ができたのは95年以上も昔だと、町の長老が言うのでびっくりした。

 困ったのは買い物だった。カルガリーまでは往復4時間のドライブ、南の大きな町レスブリッジまでは往復3時間。いちばん近いのはアルバータ州のもっとも東寄りにあるメディスンハットで、それでも往復2時間半はかかった。
 つまりこうした理由から、車よりも飛行機を使うというニーズが、ここにはあるのだった。

 カナダではこのような辺鄙なところに住む場合、車でドライブするにしても、飛行機で移動するにしても、ひとつだけ、いつも注意することがあった。
 つまり決してガソリンが切れることのないようにする、ということだ。

 ブルックス近くを北上するハイウエイ36には、草原に入る手前に「これより先60マイル給油所なし」という標識がある。
 もしあなたがパイロットならば、西に向いて飛ぶときには特に用心しなければならない。予告なしに強い西風が吹くと、目的地に着く前にガス欠になってしまうのだ。ブルックス近辺のハイウエイNO1の上に、緊急着陸する飛行機がよくいた。

 この土地の産業は、用水地のまわりでは、農家の人たちが麦やカノーラ(ナタネ)、アルファルファやジャガイモ、とうもろこし、牧草を育てていた。草原地帯に入ると牧場が広がっており、さらに石油の採掘も盛んだった。
 そのため、飛行学校の生徒は主に農民とカウボーイ、そして時々石油関係の技師、という顔ぶれだった。
 最初の生徒は農家のD氏、すでにセスナ172を購入していて、ブルックスの飛行場にその機をパークし、10マイル北西のローズマリー村から訓練に通ってきた。

 1978年の4月7日、私をブルックスに引っ張ってきたブローズ君は、オタワの運輸省とコンタクトを取り、飛行学校の仮許可をもらった。
 彼はセスナ150とセスナ172を1機ずつ借りてきて、「ブルックス・エビエーション」と名づけた。
これで一応学校の形だけは整ったかに見えたが、何しろ滑走路以外、生徒と話をする場所もない。車の中が教室になったり、一軒だけあった整備員のハンガーを借りたりした。

そのうち30マイル西にあるバサナ町の牧場主、M氏が学校用のハンガーを建ててくれることになった。2月になってハンガーの外側だけが完成、生徒や私が毎日寄り集まる場所ができて、ともかくほっとした。 

c0174226_12274078.jpg

▲できたてのハンガー

 私もこのころには、ようやくブルックス近郊のダッチェス村に下宿するようになっていた。人口はたった620人という、ブルックス町よりさらに小さな村である。

 9月には生徒も増えて、みんなそろって学科を勉強する地上学校のときには、にぎやかでとても楽しそうだった。
[PR]
by eridonna | 2009-11-25 11:47 | 第9章 大草原で暮らす