まだ日本人の渡航が珍しかった60年代に日本を飛び出し、日本人女性として初めて、究極のパイロットライセンス、ATRを取得したカナダ在住のチヨコの物語。各ページの下部のリンクがなくなったら次章へどうぞ。


by eridonna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:第3章 モントリオールへ( 3 )

 当時、フランスからカナダへの直行便のあるのは「エア・カナダ」だけだった。ところが「切符は東京で支払われたので、いつでも乗れます」という電話があったのは「カナダ航空」からであった。母がチケット代を支払ってくれた東京には、エア・カナダの代理店がなかったようだ。
 そのカナダ航空のフライトは、ポルトガルのリスボン発でモントリオールに向かう便である。
 そこで2月5日、エア・フランスでパリを発ち、リスボンで1泊してカナダ航空の便を待つということになった。親切なことに、カナダ航空リスボン支店は空港からのタクシー代もホテル・アンバサダーの宿泊料金も全部支払ってくれた。支店員の話では、
「パリ|モントリオール間を行き来するには、ほとんどの方がエア・カナダを利用なさるので、直接便のないカナダ航空を利用されるお客様には、このくらいのサービスを致します」ということだった。

 さてホテル・アンバサダーに落ち着き、夕食は7時と聞いたので少し外を散歩してから食堂に入る。片言のスペイン語で注文した。あたりを見回していると、隣のテーブルで身なりの立派な紳士が3人、お食事中。まだ始めたばかりらしく、スープを召し上がっていた。私もワンコースをゆっくりいただいて、7時半過ぎにはまた外に出た。
 リスボンは古い伝統的な町で、移住地へ向かう船がひっきりなしに出入りしていた15世紀の頃の港が、そのまま残っている。大理石のような真っ白な岩壁と階段が、背景の青空と目に染みるようなコントラストを描き、今でもその光景は忘れられない。

 その晩は、坂をおりたり上ったりしているうちに9時半をまわり、またホテルの食堂に顔を出すと、さっきのボーイさんがコーヒーを持ってきてくれた。気が付くと、あの紳士方はまだ食事をしているではないか。私はボーイさんに、
「確か7時半ごろにはスープを召し上がっていらしたけれど?」
とフランス語で聞いた。彼はフランス語を話すらしく、笑いながら、
「この方たちは、ポートワインメーカーの方で、リスボンで一番のお金持ちです。毎晩お見えになって12時ころまでお食事をなさいます。もちろん召し上がるのは最初の食事だけで、2度目、3度目のコースはただ味わうだけで飲み込まないのです。ほら、銀の壷が3個、右手に置いてあるでしょう」
と教えてくれた。あの銀の壷に吐き出す……。ショックを受けて部屋に戻り、この妙な紳士たちのことを考えながら、モントリオールに期待をかけて眠りについた。

 翌日、DC8の機内はほとんどが移民の家族で、満員だった。モントリオール空港に着いて、移民局の待合室で自分の名前が呼ばれるのを待つ。ところが、2時間以上経ってもいっこうに私だけが呼ばれない。とうとう一人残ったので係員に尋ねると、
「あなたの名前は5回も呼んだんですよ」と言われた。
「何語でですか」と私。
「もちろんポルトガル語ですよ」と係員が答える。
 ポルトガル人に間違えられたのはさすがに初めてだと思いながら
「あのー、カナダではフランス語と英語を使うと聞いていましたが」
と、なおも問い返すと、彼女はあっさりと、
「この飛行機はポルトガル人の移民の飛行機ですから」と答えた。

 移民局でのインタビューを受ける。この担当官はフランス語と英語で会話を二、三した上で、
「OK、明日、市内の移住局に出頭しなさい」と言って、住所の書いた紙をくれた。
「今晩はどこに泊まるのか」と聞かれ、私が
「YWCAに行くつもりです」と答えると、安心したように、
「では三つだけ注意をしますが、この国では二回結婚しないこと、借家の契約書にサインをしないこと、最後に、中古車は買わないこと」
 私が思わず笑ってしまうと、「グッドラック!」と彼も笑顔で釈放してくれた。

 次の日、ドルチェスター街にある移住局へ出頭すると、
「ある法律事務所に秘書の仕事が待っているから」と、すぐに仕事を紹介してくれた。まったく至れり尽せりで、感心してしまった。翌日から早速その弁護士の秘書として働き出すことにした。
ついでに日本の領事館にも一応顔を出しておこうと出かけていった。

 私がカナダ政府の移民許可をもらったことを知ると、領事館では驚いて、当時現地に赴任していた亀井大使からじかに呼ばれたのである。
「どうやって来たんだね。おかしいではないか」と大使に不審がられたのには、こちらこそびっくりしてしまった。
 大使の説明では、日本からの移民は67年からしか認められてないはずで、それが66年の初めに来られるなんて普通じゃないとおっしゃるのだった。そう言われたって、私はちゃんと来たのだから困ってしまった。
 だがよくよく考えてみると、どうもカナダ政府が間違えたらしいのだ。
 そのころ私が持っていた日本のパスポートは1回だけ使える旅券で、期限はないが、日本に帰ったらその時点でだめになってしまうという一時的なものだった。この旅券を持ってよくカナダまで来たものだと大使には言われたけれども、そのパスポートとは別に、私はパリに永住するつもりだったので、パリ人としての証明書や、労働許可証、運転免許証などフランスの証明書をいろいろ持っていたのだ。
 だから、カナダ政府は私のことをフランス人と読み違えたのだった。
そのころのカナダは、ケベック州が分離独立を目指そうという最初の気配が見えてきたところだった。そこで当時のケベック州では、フランス語を話す人間をもっと増やしたかったのだ。つまり、私はその波に便乗してしまったというわけだった。

 カナダはただ気温が非常に低いことを除けば、住み心地のよいところだとすぐわかった。ただひとつだけ困ったことは、町に出てレストランに入ると、みんなのフランス語に歌うようなアクセントがあるので、おかしくて笑いをこらえるのに苦労したものだ。しばらくしてこれには慣れたけれども……。
 大都会モントリオール市の西側は英語をよく話すようだが、セイントローレンス街の東側ではほとんどフランス語だけが聞こえた。

 今度ははじめから仕事も確かなので安心だった。週給60ドルの中から15ドルを飛行機に割り当てることにした。そのためには昼の食事もコーヒーとホットドッグくらいに制限しなければならなかったが、私は平気だった。YWCAでの生活も、いろいろな人にめぐり合って面白かったけれど、とにかく倹約が必要だったので、ほどなく近くのアパートに引っ越すことにした。
いつも、何が目的でカナダまでやって来たのか、と繰り返し自分に言い聞かせた。ここで飛べないのなら、日本に帰るしかないのだと……。

 カナダに到着してから1週間、2月12日にはもう飛行機の訓練に入った。ウイークデイは働き、毎週土曜、日曜になるときまって、地下鉄とバスを乗り継いで、北にあるカルチエヴィル空港に通うようになった。この飛行場はあまりにもドルバル国際空港に近く、大型機が間違って進入することしばしで、今では一般には閉鎖されてしまっている。
 フランスのティサンディエ学校では、1940年代に製作された古いパイパーを大事に使っていたが、フランスでみんなに言われたように、ここでの練習機はみんな新しいセスナであった。
ことに私の通った「ローレンタイド・エビエーション社」は、セスナの代理店だったからなおのことだ。ここでは訓練機には新しいセスナを使用し、主にセスナを購入する客を訓練して、ライセンスをつけて飛行機を売るのが目的なのだった。

 フランスの飛行学校では「なぜ飛行機は飛ぶのか」という、根底にある流体力学を叩き込まれたが、カナダでは「いかにして飛行機を使用するか」ということに重点が置かれていた。
つまり広いカナダでは、軽飛行機は日常的に必要なのだ、ということが少しずつわかってきた。この国では車で行けないところが多いので、飛行機はスポーツではなく「空を飛ぶ自転車」なのだった。
 さて、そんなわけで地上学校のやり直し、である。
「毎週1回、夕方の6時から、英語のクラスは水曜、フランス語のクラスは木曜です。どちらかに出席しなさい」
と主任教官に言われる。はじめは両方に出席してみたが、やはりフランス語のアクセントが違うので英語のクラスに決めた。教官との同乗フライトでは、英語でもフランス語でもどちらでもいいと言ってしまったので、なんと8人も違った教官と乗る羽目になった。
[PR]
by eridonna | 2009-12-23 23:12 | 第3章 モントリオールへ

モントリオールの暮らし

 モントリオールはヨーロッパを近代化したような大きな都会だった。
 勤めている弁護士事務所では、秘書として速記や電話の応対もしたが、あるとき電話で裁判官と打ち合わせをして、では今からお宅の事務所にファイルを持って伺います、と電話を切った。5分後にその事務所のドアをノックして、顔を出す。
 すると「あなたは誰か」と聞くので、「さっき5分後に行くと言った者です」、と答えれば、私は中国人ではなくフランス人を待っているのだと素っ気なく言われた。
 あなたと電話で話したのはこの私ですよ、と説明すると、相手もようやく本当だとわかってとてもびっくりしていた。
 私のアクセントは在日フランス大使の秘書をしていて鍛えられたものだから、電話ではてっきりフランス人だと思われてしまうのだった。

 この弁護士事務所では離婚のケースをたくさん扱っており、中にはずいぶん気の毒な女性もいた。
 ある女性は27才の若さで、8人の子どもを抱えていた。しかもそのうち二組は双子で、あと2週間で9人目の子どもを出産するという、大きなおなかをしていた。そしてこんなに切羽詰ったこの時期に、まさに離婚しようとしているのだった。
 いろいろ話を聞いているうちに、目の前で泣き出してしまった彼女を慰めながら、こんなに自由で広々とした国なのに、裏を見ればこれほど悲しい話が多いなんて、いったいどういうわけなのだろうと考えこんでしまった。

 そうかと思うとこんなこともあった。昼食の時間には、私はいつもきまったレストランに出かけていたのだが、ある日、ウエイトレスが
「もっと何か栄養のあるものを食べないと病気になりますよ」
と注意をしてくれた。仕方がないので、
「毎週末に飛行機に乗るので、その分お金を使わないことにしているのです」
と正直に打ち明けてしまったのだ。
 するとその日から彼女はわざとコーヒー代を請求書に書かなくなったのである。この国には、こんな親切な人もいる。彼女の無言の思いやりが本当にうれしくて、心からありがとうと感謝した。

 もう単独飛行も10時間以上になり、あとはクロスカントリー飛行(遠くへでかける航法)を一人で3時間飛ばなければならない。毎週15ドルの枠ではとても費用が足りない。そこで、持っていたヒスイの指輪や、ミキモトの真珠のネックレスやイヤリングなど一切を質屋に入れると、200ドル位にはなったので、ホッとした。これで当分安心して飛ぶことが出来る。

 数日して、隣の会社のロランドさんと昼ごはんを食べているときだった。
「あなた、いつもはめている指輪はどうしたの」と聞かれる。
そこで「実は質屋に入れたのよ」と言うと、彼女は顔色を変えて、翌日質屋に入れたものを全部出してきた。
「こんな大事なものを200ドルくらいで流してはもったいないわ。いつでも、あなたにお金が出来たら返してくれればいいから」
と言って私の前に差し出した。
 私はモントリオールの女性のやさしさ、思いやりに思わず涙が出てしまった。
「ロランド、私はもうあきるほど、この真珠や指輪を身につけました。今度はあなたがつける番ですよ」 と言って、彼女の前に押しやった。
c0174226_14233783.gif

▲ロランドさんと私。

 私は自分から望んで外国に出かけ、そこで暮らし始めた。でも私が外国に出た時代は、東洋人や女性に対する偏見や差別は今よりもずっとひどく、厳しいものであった。
 まして、これは私の武器でもあったが、言葉が理解できるために、他人が喋っている悪口が全部わかってしまうのである。内容がわからなければずっと気楽に過ごせたと思うが、白人の東洋人に対するあからさまな偏見が全部聞こえてくるので、これはつらかった。

 だが幸いなことに、私は生まれつき小さなことは気にならない性質で、嫌なことがあっても2、3日たてば忘れてしまうことも多かった。
 例えば何かの話のついでに「JAP!」と呼ばれたこともある。そのときは腹も立つが、カナダの白人にとっては第2次世界大戦の始まりとなった真珠湾攻撃がよほど痛手だったらしく、30年もたった今でも忘れることができないのだなあと思うくらいで、気にしなかった。
 それがこの国で、私自身が気持ちよく暮らせるコツなのだった。
 
そして、そんな中で、フランス人のモニクやカナダ人のこのロランドのように、女性の友人たちはいつでも私の味方だった。私が異国での暮らしに悩んでいるときに 熱心に耳を傾け、話を聞いて適当なアドバイスをくれた。彼女たちは言いたいことはっきり口に出すが、その反面、相手の気持ちを理解する余裕ももっていて、温かい思いやりでできる限りの助力を惜しまなかった。
まだまだ男性中心の世の中で、どれほど苦労しているのか、私たちはお互いに知っていたからだと思う。

 私が当時のモントリオールで借りていた小さなひと部屋のアパートは、月の家賃が60ドル。
アパートの地下には洗濯室があり、ある日、たまった洗濯物を持って降りていくと、一人の女性がやはり洗濯している最中だった。しばらくすると彼女のほうから話しかけてきた。

「失礼だけれども、あなたはどこか東洋人の血が混ざってますか?」
「ええ、100パーセント日本人ですよ」と言って笑うと、
「ああ、そうですか、モントリオールには日本人は少ないです。東洋人と言うとまず中国人が頭に浮かびますから。それにフランス語を話す東洋人はとても珍しい」と人なつっこい。
 彼女はひまらしくて,洗濯が終わると私の部屋にやってきて、
「何を作っているの?」
「ご飯を炊いて、フライドライス(いためご飯)にするところなの」
「おいしそうね。でもそれだけ?」
と聞くのでうなずくと、
「カナダは寒い国ですから、肉を食べないと病気になってしまいますよ」
と、レストランのウエイトレスと同じようなことを言う。たしかにそのころの私の食生活といえば、ごはんにおしょうゆをかけただけとか、せいぜい卵か野菜炒め、という質素なものばかりだった。
「ちょっと待ってて。私は4階の部屋におかずを取りに言ってくるから、今晩一緒に食事しましょう」
 
 彼女はすぐ戻ってきて、台所の流し場に巨大なステーキ肉をどかっと落とした。その晩は、彼女の親切とステーキの栄養のあるカロリーで、身も心もとても温まった。
 食事をしながら、彼女の身の上話に耳を傾ける。
 彼女は結婚していたが、ある日家に帰ったら、見知らぬ女が夫と一緒にベッドにいたためにそのまま家を飛び出し、それっきり家には帰っていないということだった。
 彼女の話では、カナダでは冬が3カ月と長く、その間どうしても家にこもりがちになるためにさまざまな問題が起こるとのことだった。
 突然雪が降り出して、あっという間に7、80センチも積もってしまうため、どれが自分の車かわからなくなってしまうとか、3日間も雪が降り止まないために自分の家に帰れず、深い仲になってしまう男女関係とか、思わず苦笑してしまうような悲劇がたくさんあるらしい。
そ の日から彼女ドニーズと親しくなり、しばしば夕食を共にするようになった。
[PR]
by eridonna | 2009-12-22 00:46 | 第3章 モントリオールへ

自家用ライセンス

10月になって、そろそろ自家用パイロットになるための筆記試験をまず受けなければいけないと思っていたころだった。

 ある朝、風邪をひいて咳で苦しそうにしていると、事務所の弁護士が、「今日は作らなければならない書類もないから、家に早く帰って休みなさい」と親切にも言ってくれた。
 そこでお礼を言って、喜んで早退して家に帰る途中、運輸省のビルに立ち寄ってみた。するとちょうど試験日だったので、ついでに席に座って筆記試験を受けてしまった。
これがかなりむずかしかった。あきらめて、
「では、また来ますから」と言って部屋を出ようとすると、
「ちょっと待ってください……。あ、パスしてますよ」と言われ、その場で合格通知書をもらってしまったのである。

 にわかには信じられなかった。
でもともかくこれでひとつ片付いた、とその日は足取りも軽くウキウキして家に帰ることができた。

 11月13日、だいぶ前に一緒に飛んだペニー・ネイラーという女性教官とまた飛ぶことになる。彼女は何も言わずに飛び上がり、今までやった空中操作を再検討しているみたいだった。1時間近くたったあと、
「いろんな悪い乗客がいてね、危ない操作をしたら止めてください」
と言うなり、いきなり操縦桿を私から取りあげ、機首を立てて機をひっくり返さんばかり。
 私は驚いて、彼女を押しのけて操縦桿を奪い取ると、安全な水平飛行に戻した。彼女はニヤニヤ笑いながら、
「そうです。あなたはパスしました。これでフライトテストは終わりです」と言う。

 なんてこと、もしあらかじめテストだと知っていたら、こんなに落ち着いて操作なんか出来なかったと思うと、ペニーさんのやり方にびっくりしたり、感謝したり…。
 そしてこれで、とうとう私は「自家用パイロット」の仲間に入ることが出来たのである。

 やった、やった、ついに憧れのライセンスを取ったのだ!
 これからは一人で、自由に、世界中の空を飛ぶことができるのである。

 この喜びの高揚感はそれからあと2週間以上も続いた。

 12月4日、まだ有頂天の喜びが消えないころ、一人でモントリオール近辺の遊覧飛行に出た。
 10分以上飛んだころだろうか、カルチェヴィル管制塔(コントロールタワー)から付近にいる飛行機を1機ずつ呼び出している。どうも急に視界が悪くなったらしい。
「ユニフォーム、パパ、オスカー、応答せよ」

 空中での通信をする場合は、世界中どこでも英語でやり取りするのが基本である。しかも雑音などで互いに聞き取れないことが多いため、アルファベットをそのまま伝えるときには単独では発音せず、それぞれが頭文字にある単語で表現する。
 それぞれの単語は、世界共通の約束ごとで決まっている。
 例えばAはアルファ、Bはブラボー、Cはチャーリーという具合に置き換えて表す。つまりこの場合は、「U、P、O、応答せよ」という意味なのだ。

 管制塔が2、3回呼んでも誰も答えない。なんで返事をしないのかしら、と思いながら計器版の上を見て驚いた。
 なんとUPOはこの飛行機ではないか。すぐに応答すると、
「すぐ180度機首を変えて、基地に戻れ」と言う。

了解。機首を転換する。

 すると、先ほどまで太陽が後ろにあったときは気がつかなかったのだが、今180度の方向転換をしてみて私もさすがにあわてた。
 あたり一面が銀の粉末を撒き散らしたみたいに、一寸先も前が見えない状態なのだった。急に発生した朝の霞に太陽がキラキラと反射している。
 この現象は気象学で「サブリメーション」といって、空気中にある水分が急に冷却した場合、水の固まりにならずに氷となり、アイスフォッグ(氷霧)が発生する、というものだ。
 セント・ローレンス河が近くにあるため、このあたりの空気は水分を含んでいる。温度が急に冷却したために、わずか5分か10分ほどで突然アイスフォッグが発生したのだ。

 管制塔からは、「機首を南に向けよ。ハイウエイ401号が下に見えるか?」
と、たずねてきた。私は翼の下にかすかに見える高速道路を確認して、
「アファーマティブ(はい)」と答える。
 管制塔は10秒おきに取るべき方向を指示してきて、滑走路の上まで無事に誘導してくれた。カルチェヴィル飛行場は空港としては小さいほうなので、レーダーの設備も最小限のものしかなかった。
 迷った航空機を誘導するのは容易ではなかったことだろう。

 私の場合、何かに喜んで有頂天になると、次の日には災難が待っているらしい。これで2度目だった。調子に乗らないように、自分で自分をいましめる。

▼綱島にて、家族とともに。(前列一番右が千代子)
c0174226_19345457.jpg
 ともかくこれで一応の願いがかなったのと、12月に父が最初の心臓発作で病院に運ばれたと聞いて、父の病気見舞いのために一度帰国することにした。
 そのころ神奈川県横浜の綱島に住んでいた両親の家に帰ったときは、久しぶりに弟の家族とも一緒に、本当に楽しい3カ月を過ごした。
 その間に日本飛行連盟とコンタクトをとり、日本の運輸省で筆記試験を受けたあと、日本の自家用操縦士免許を手に入れた。そして晴れて調布の飛行場から、東京の空へ飛び立った。乗った機種はセスナ172。

 いつか自分の手でこの空を飛びたい、と願った夢がやっとかなったのだった。

 けれどもがっかりしたことに、当時の東京上空は大気汚染の公害が一番ひどいときで、晴天でも2、3マイル先までしか見えないという視界の悪さだった。その上、ヘリコプターが多く、カナダでは考えられないような空中衝突という危険があった。
 さらに母の心配性も相変わらずちっとも治っていなかった。私が無事に地上に降りるまで、安心して息をすることもできないと言うのである。
 これではどうも日本の空を飛ぶのは考えもの、という結論を出さざるをえなかった。


 今回は日本に長く滞在するつもりでいたのだが、4月になると、モントリオールから突然電話がかかってきた。そのころボーイフレンドとして付き合っていたJ・P君が、私との結婚を許して欲しいと父に直接英語で申し込んできたのである。
 J・P君は私より5歳年上で、モントリオールの日本領事館を訪れたときに出会った人だった。車の運転の仕事をしていたが、やはりライセンスを持ったパイロットだった。

 J・P君は、仕事の合間に私の通っているカルチェヴィル飛行場にやってきたり、アイスホッケーを見に連れて行ってくれたり、一度はグループで水上飛行機をチャーターし、カナダ北部に無数にある湖のひとつに釣りに行ったこともあった。またモニクが結婚してすぐモントリオールにやってきたときは、市内見物の案内も買ってでてくれた親切な人だった。

 けれどもそれまでは彼の家族や彼自身について、あまりよく知るチャンスもないままに帰国してしまったので、電話で結婚申し込みをしてくるなんて、私にはまったく思いがけないことだった。そんな私に向かって父は、
「もう年も年だから、これがあなたにとって最後のチャンスかもしれない。近くにいてもらいたいが、カナダに帰ってもよろしい」と言う。
 それではと父の厚意をありがたく受けて、4月の末には再びモントリオールに向かうことにした。
「どうか何も経済援助はしてくださらないように。それと彼についてはまだ知りたいこともあるので、追って知らせます」と言い残して羽田を発った。

 カナダに帰って、今度は電気製品の会社に就職した。4月30日にはまたカルチェヴィル飛行場に戻り、いよいよ夜間飛行の訓練に入ることにする。

 1967年はモントリオールエクスポのあった年だ。
 市内がひときわにぎやかで活気があったある日曜日の午後、ドルチェスター街を歩いていると、偶然、J・P君がやはり散歩しているのに出会った。
 ところがびっくりしたことに、彼は女性と5歳くらいの男の子を連れて、楽しそうな家族連れといった雰囲気であった。なんと、彼には家族がいたのである。正式に結婚しているかどうかはともかくとして、あんなかわいい子どもまでいる以上、私の存在はどうみても好ましくなかった。

 男性というものは、どんなに不合理でも自分の望むものは手に入れようとするものだと、私は知っていた。
 男の人に対して私が求めるものは、フランスにいるときと変わっていなかった。つまり、すべてに誠実である人。ジャックとの苦しい関係で味わったような嫉妬や不安は、私はもうたくさんだったのだ。

 日本を出るときに父に言った自分の言葉を思い出し、あらかじめ予期していた現実を突きつけられたようだった。
 だがこの日の偶然の出会いがあったために、すんでのところで私は過ちを犯さずにすんだと思った。
 不幸中の幸いとでもいおうか、事実が明らかになったのだから、これでよかったのだ。
 私はむしろ、神様に感謝した。

 だが私がこのままモントリオールにいたら、彼との関係を解決する道がないと思い悩んだ私は、それから2、3日もたたないうちに、彼から逃げるようにバスでモントリオールを抜け出した。行き先は、トロントだった。
[PR]
by eridonna | 2009-12-20 00:53 | 第3章 モントリオールへ